喪中はがきのネット注文が安い通販ランキング

喪中はがきもネット注文が安いのでおすすめ!ランキング発表!

喪中はがきネット注文

喪中のため年賀状は出せない人へ。

 

親族が無くなったので、今年は年賀状が出せない、ともう分かっている人も多いかと思います。

 

そういった方は、早めに喪中はがきを注文しておくのがおすすめ!

 

なぜならば、早期割引で50%以上早割してくれるショップなんかもあるからです。
早ければ早いほど割引率が高くなるので、ぜひ早めに注文してくださいね。

 

ここでは、2021年の喪中はがきネット注文が安い通販ランキングを紹介しています!

 

喪中はがきネット注文安い通販ランキング2021

 

ネットスクウェア

年賀状も安いけど、やっぱり喪中はがきも激安なのがネットスクウェア。
期間限定で割引率が決まっているので、とにかく早めに注文するのが絶対お得。

 

書体や副文ももちろん選べるし、デザインも白黒のシンプルな物から少し色の入ったカラーの物まで、
結構そろっているので、気に入る1枚が見つかると思います。

 

もう送る相手が決まっている人は早めの注文がおすすめです。

 

※喪中はがきの早期割引あり!10月18日(日)までの注文で63%OFF

 

 

喪中はがきネット注文

はがき代 送料 評価
63円 無料 喪中はがき,ネット注文,安い,早割

Rakpo

Rakpoは送料無料宛名印刷無料なので、トータルするとかなり安くなります。

 

早割もあり、早く申し込めば申し込むほど安い印象です。

 

特に、枚数が多い場合は多ければ多いほど割引率が高くなるので、
いっぱい送る相手がいるという人におすすめ!

 

デザインもモノクロからフルカラーの物まで幅広く取り揃えています。

 

早割で注文したい人は、お早めに!

 

※喪中はがきの早期割引あり!11月1日(日)までなら50%OFF!

 

喪中はがき,ネット注文,安い,早割

はがき代 送料 評価
63円 無料 喪中はがき,ネット注文,安い,早割

挨拶状ドットコム


宛名印刷までしてもらいたい人は挨拶状ドットコムがおすすめです。
なんと宛名印刷が無料なんです。

 

また、印刷料金も1枚30円の所、10円に!

 

送料無料、早割もあり、数量限定のプレミアム私製はがきなど、少し他より質の高いハガキも安く注文できるので、
こちらも送る相手が決まっているのであれば早めに注文してくださいね。

 

 

 

早期割引あり!10月25日(日)までなら40%OFFに!

 

喪中はがき,ネット注文,安い,早割

はがき代 送料 評価
63円 無料(会員登録(無料)必要) 喪中はがき,ネット注文,安い,早割

 

喪中はがきネットショップ現在の料金一覧

 

その他にも、喪中はがきを販売しているショップを一覧にしてみました。

 

カラ―印刷かモノクロ印刷によって変わってきたリ、注文する枚数によって最安値ショップが変わってくるので、
今回は50枚注文した時を例として料金を出しています。

 

頼むハガキのデザインによっても変わってくるので、詳しい見積もりは公式サイトで出してみてくださいね!

 

サイト名 早期割引率 白黒印刷50枚 カラー印刷50枚 送料 発送日 宛名印刷 はがき持ち込み
ネットスクウェア 63% 4,863円 5,507円 無料 不明 1枚10円 不可
おたより本舗 40% 5,262円 6,780円 無料 翌営業日 可能(無料) 不可
Rakpo 50% 5,600円 6,470円 無料 翌営業日 1枚25円 不可
挨拶状ドットコム 40% 7,341円 8,001円 3,000円以上で無料 翌営業日 可能(無料) 可能
平安堂 40% 5,228円(52枚) 5,800円(52枚) 有料 3営業日

基本料金1000円
1枚当たり30円

不可

 

 

喪中はがきっていつまでにポストに出せばいいの?

 

喪中はがきは、できれば相手が年賀状を作る前に出しておくべきですよね。

 

となると、やはり遅くても11月頃までには出し終えておきたいところです。

 

ですので、早めに注文して、いつでもポストに出せるようにしておくことをおすすめします!

 

でも、人っていつ亡くなるか分からないので、11月や12月に身内が亡くなるってこともありますよね。

 

そういう時は、もし年賀状をすでに注文していたら、郵便局で切手や往復はがきに変えてもらえますし、

 

年賀状もまだ注文していない場合は急いで喪中はがきをネット注文し、すぐに発送手続きをしてくださいね。

 

とにかく喪中はがきは早めにが肝心です!

 

喪中はがきってカラーでもいいの?

喪中はがきネット注文

喪中はがきってなんとなく白黒のイメージがあるけど、最近はカラーの物も増えてきましたよね。

 

縦書きの明朝体で暗いイメージのある喪中はがきでしたが、
最近いただいた物の中には、横書きでゴシック体、カラーで少しかわいらしい感じの物もありました。

 

時代が変わってきたんですね!

 

もちろんものすごくカラフルな物はNGですが、
うっすら色が付いた物、横書きの物などは送っても大丈夫です!

 

でもやっぱり喪に服す期間だからシンプルに白黒に・・・
というのももちろんOKですよ。

 

はっきりしとした決まりはないので、自分が納得のいくデザインの物を選んでみてくださいね。

 

喪中はがきって自分で作成してもいいの?

 

ネット上で無料テンプレートをダウンロードして、
ワードなどのソフトを使って自分で喪中はがきを作る方法もありますよね。

 

それでもいいんですが、私としては、
喪中はがきこそ業者に頼んできちんとしたものを送りたいなって思います。

 

年賀状は手書きだったりソフトで手作りしたりと、いろんな形があっていいと思うんですが、
喪中はがきはなんとなく印刷業者に頼み、誰に出しても失礼のないようなハガキを送りたいなと思うんです。

 

なので、3年前我が家は喪中のため年賀状が出せなかったんですが、
それまで年賀状は手作りしていたんですが、
喪中はがきだけはネット注文しました。

 

その結果、どんな関係の人に送っても失礼のないようなハガキができて満足しました。

 

自宅のプリンタで刷るとどうしても自分で作った感が出てしまうので、
やっぱり専門の業者に依頼するのがおすすめですね。

 

 

身内が2人亡くなった時は喪中はがきは2枚出すべき?

 

不幸が重なる時は重なるもので、1年に2人も身内が亡くなることもあります。

 

そういう場合は2通喪中はがきを出さないといけないのか!?

 

いえいえ、そういうわけではありません。

 

喪中はがきは1枚でOKで、連名で書いておけば大丈夫です。

 

喪中はがきを作成した後にもう一人亡くなった場合は、新たに作りなおすことをおすすめします。

 

↓喪中はがきを安く注文するなら『ネットスクウェア』↓

page top